不妊症の原因とは

ピンキープラス

 

妊娠するためには排卵が必要になりますが、自力で排卵を起こすのが難しい場合は排卵障害となってしまい、不妊症の原因になってしまいます。

 

排卵障害にはいくつかの原因が考えられますが、まずは卵巣機能の低下が考えられます。

 

卵巣の機能が低下すると無月経や無排卵月経などの症状が起こってしまいますし、排卵や生理などがスムーズに起こらなくなってしまうことがあるのです。

 

一般的には更年期に起きることなのですが、最近では若くてもこの症状で悩む人が増えています。

 

プロラクチンとは脳下垂体から分泌されるホルモンのことであり、このホルモンの分泌量が多い時は排卵が抑制されます。

 

授乳期は子供を育てる必要があるため、次の子供を妊娠しにくいように排卵を抑制するという仕組みです。

 

しかし、このホルモンの分泌量が授乳期以外でも高い場合、無排卵や生理不順、不妊症などの原因になってしまうこともあるのです。

 

卵子は成熟すると卵巣の外に排卵されるのですが、卵子が外に出られなくなってしまうことがあり、それによって不妊症を引き起こすことがあります。

 

この病気になると成熟した卵子が卵巣の中に溜まってしまうため、薬などで治療を行う必要があるのです。

多くのバストアップサプリが不妊症になるリスクを秘めていると言われる理由

バストアップサプリといってもいろいろな商品がありますが、タイで自生している植物(プエラリア)から抽出した成分を配合しているものが多くなっています。

 

この成分は女性ホルモンに作用することが分かっており、それによって乳腺を発達させることができます。しかし、バストアップに直接繋がるわけではないと知っておきましょう。

 

女性ホルモンの分泌量が増えても全てがバストのために働くとは限りません。人気のバストアップサプリには女性ホルモンに作用する成分が含まれています。

 

しかし、そのホルモン作用が強力過ぎる場合、副作用のリスクもあるのです。

 

サプリを摂取することでホルモンの分泌が自力で行われにくい体になってしまうことがあります。

 

女性ホルモンはサプリに頼らなくてももともと体内で分泌されています。

 

しかし、女性ホルモンを活性化させるためにサプリを摂取した場合、体内で女性ホルモンを分泌する力が衰えてしまうことがあるのです。これが不妊症の原因になりかねないので注意しましょう。

ピンキープラスが不妊症になるリスクが少ない理由

ピンキープラスは不妊症などの副作用のリスクが少ないサプリとして人気となっています。

 

ピンキープラスにはタイで自生している植物から抽出した成分(プエラリア)が含まれていないため、他のバストアップサプリよりも安全性が高いと言われています。

 

しかし、他のバストアップサプリと同じように女性ホルモンに作用する成分が入っています。

 

それがブラックコホシュというハーブから抽出されたエキスです。

 

確かにブラックコホシュもプエラリアと同様エストロゲンに似た作用をしますが、ブラックコホシュの場合、エストロゲンの分泌が過ぎる場合は抑制し、足りない場合は促進するというホルモンバランスを調整する働きがあります。

 

そのため、月経前症候群にも効果的と言われています。

 

正しい飲み方をしていれば不妊症を招く恐れはほとんどありませんし、安全にバストアップ効果を期待できます。

 

ちなみに、妊娠中や授乳中はホルモンバランスが乱れやすく、ちょっとしたことで体調を崩してしまうことがあります。

 

また、配合されている成分が子供に影響を及ぼすことも考えられるため、妊娠中や授乳中には摂取しない方が良いでしょう。生理中はピンキープラスを飲んでも問題ないということですが、心配な場合はやめた方が良いかもしれません。

 

 

>>ピンキープラスの体験談はこちらのページでご紹介しています。