ピルとピンキープラスの違い

ピンキープラス

 

ピルで胸が大きくなった!という話を聞いて、産婦人科などに行き、生理痛がきついことを理由にピルを処方してもらったなんて人も中にはいるかもしれません。

 

本来ピルは、女性ホルモンの乱れからくる体の不調を治療するためにお医者さんに処方してもらうもの。

 

ピルは女性ホルモンを体外から摂りいれることでホルモンバランスをコントロールします。妊娠しているときと似たホルモンバランスになることで排卵を抑えられることから避妊の効果もあることはご存知でしょう。

 

なので、たしかにピルを飲むと巨乳になったというのはいささか嘘でもないのですが、間違ってもバストアップしたいから!という不純な動機で病院に行くのはやめましょう。

 

一方で、ピンキープラスはピルのようにホルモンを入れるものではありません。

 

ピンキープラスの目的はホルモンバランスを安定させるという点ではピルと共通していますが、薬によるものではなく、生活習慣を改善して自分の力でするので、例えばピルの服用でよく見られる不正出血や、避妊につながるということはまずありません。

 

もし、胸を大きくしたいことが目的であれば、ピルは選択肢に入れず、ピンキープラスやその他バストアップサプリと言われるジャンルのサプリを検討しましょう。

 

>>ピンキープラスの体験談はこちらのページでご紹介しています。